カマグラゴールドを解説!

カマグラゴールドを飲んでも効かない代表的な3つの理由を解説

カマグラゴールドは食後に飲んでも効かない!

カマグラゴールドを服用しても効かない場合、原因のほとんどは、食事の後に薬を飲んでいることにあります。効かないと感じた人も正しい飲み方を実践することで、多くの場合は効果を実感できるようになります。

カマグラゴールドやバイアグラの有効成分シルデナフィルは、人へ投与されている実績が豊富な反面、ED治療薬の中では最も食事の影響を受けやすい成分といわれています。

カマグラゴールドの有効成分シルデナフィルは、腸から吸収されます。食後の腸は油膜が張っています。有効成分は油膜を通過できず、体内に成分を届けることができません。

カマグラゴールドを服用後30分経過していれば食事をしても十分な効果を得られます。

カマグラゴールドは空腹時に飲むのがベストです。食事をとる際には、カマグラゴールドの服用から30分ほど時間をあけましょう。服用後から約30分で有効成分が腸から吸収され始めますので、それ以降の食事であれば効果に影響はありません。

どうしても食事が前になってしまう時は、少量の食事で済ませ、油の少ないメニューを選択し、食後2時間以上あけてからカマグラゴールドを服用することで、効果が得られやすくなります。

カマグラゴールドの効果的な飲み方については、こちらに詳しく書いてあります。
【カマグラゴールドのポテンシャルを引き出す正しい飲み方】

心に抱えた問題があるとカマグラゴールドを飲んでも効かない!

カマグラゴールドをはじめとしたED治療薬は、PDE5という勃起を収束に導く物質を抑える薬です。そのため、そもそも大脳が性的に興奮をしなければ、カマグラゴールドを飲んでも効かないのです。

精神面に抱えた要因が、大脳の性的興奮を抑制してしまうことがあります。

人それぞれですが、人間関係などのストレス、経済的な不安、過度な緊張、仕事のプレッシャー、性器のコンプレックス、幼少時代のトラウマなどが、カマグラゴールドを飲んでも効かない精神面の要因の例としてあげられます。

性交中に心に抱えた問題が頭をよぎって途中で萎えてしまうケースや、トラウマなどのように自分では要因に気づいていない状態でもたたないケースがあります。

精神面の問題にもカマグラゴールドなどのED治療薬が有効です。

精神面に問題を抱えてたたない場合でも、カマグラゴールドや、バイアグラなどのED治療薬の服用が有用です。

薬を飲んだことにより、たたなかったらどうしようという不安を緩和することができます。さらに、何度か薬を試し、勃起した事実を得ることにより自信を取り戻して、そのまま薬の服用を必要としなくなる方もいらっしゃいます。

ED治療薬には、有効成分の異なる薬がいくつかあります。カマグラゴールドやバイアグラはシルデナフィルという有効成分で勃起を促します。レビトラはバルデナフィル、シアリスはタダラフィルという有効成分です。

選択した薬との相性もありますので、もしひとつのED治療薬を使用しても効果が表れない際には、いくつか違う種類の薬を試してみるのもいいでしょう。

また、自分でも自覚のない幼少期のトラウマなどが原因となって効かない場合は、心理療法を必要とする可能性もあります。いくつかのED治療薬に効果を感じない、または、精神的な要因に心当たりもないという方は、専門機関の受診も視野に入れるといいでしょう。

うつ病でカマグラゴールドが効かない!

うつ病を発症している方は、カマグラゴールドを飲んでも効かないケースがあります。うつ病はEDを併発しやすい疾患として知られています。

代表的なうつ病の症状として、意欲の減退があります。性欲も同時に減退してしまい、大脳が性的興奮を十分に感じれず、満足のいく勃起を得られないことがあります。

また、うつ病の治療には、抗うつ剤の内服が多く選択されます。抗うつ剤には性的興奮を抑えてしまう薬も存在しています。最も使用されている抗うつ剤のSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)にも興奮を抑える働きがあります。

カマグラゴールドなどED治療薬が効かないと感じるうつ病患者の方は主治医に相談をしましょう。

軽度のうつ病による性欲減退であれば、カマグラゴールドをはじめとしたED治療薬を飲むことにより、血管が拡張し、多くの場合は十分な勃起をするようになります。
しかし、うつの症状が重度であると効かない場合があります。そういったケースではうつ病の治療が優先されます。

服用している抗うつ剤によって興奮が抑えられ効かない場合は、精神科の主治医と相談し、使用している抗うつ剤を勃起機能へ影響の少ない薬に変更可能か相談をしましょう。

ページの先頭へ