カマグラゴールドを解説!

カマグラゴールドが勃起を助けるメカニズム!

カマグラゴールドの働きを知るために押さえたい勃起のメカニズム!

勃起は、陰茎にある海綿体という網の目のように血管が張り巡らされた組織に血液が溜まることで起こります。大量の血液で満たされた海綿体は、静脈を圧迫し血液の流出を抑えることによりその状態を維持させます。

勃起を起こすには、性的刺激や陰茎への刺激によって大脳を興奮させる必要があります。
大脳が興奮すると、骨盤神経や陰茎海綿体神経から一酸化窒素という物質を分泌させます。
一酸化窒素は、陰茎海綿体の平滑筋内でサイクリックGMPという筋肉を緩ませる物質を増加させます。
すると、大量の血液が海綿体へ流れ込むことが可能となり勃起にいたります。

このように勃起は、神経、血流、体内物質の分泌が作用し合う複雑なメカニズムを持っています。神経、血流、体内物質の分泌のいずれかの内に障害が生じるとEDの症状があらわれます。

カマグラゴールドはどんなメカニズムで体に働きかける?

カマグラゴールドの有効成分であるシルデナフィルは、サイクリックGMPを分解するPDE5を阻害します。興奮が収まった後や、射精後に陰茎が元の状態に戻るのは、このPDE5の力によるものです。

普段から、陰茎内では平滑筋を緩ませるサイクリックGMPとそれを分解しようとするPDE5は存在しているのですが、性交中にPDE5が増えすぎた場合は、中折れや途中で抜けてしまうなどのEDの症状があらわれます。

カマグラゴールドをはじめとしたED治療薬は、陰茎へ大量の血液を送り込む薬といったイメージがあるかもしれませんが、PDE5を阻害するというメカニズムを持つEDの治療薬です。レビトラやシアリスといったED治療薬も有効成分は違えどメカニズムは同じです。

以上がカマグラゴールドが勃起を助けるメカニズムです。 カマグラゴールドがどうのようなメカニズムで体に働くかを説明する最中に、シルデナフィルという言葉が何度か出てきました。事項では、カマグラゴールドやバイアグラの有効成分であるシルデナフィルについて触れたいと思います。
シルデナフィルがED治療薬の有効成分になるまでには、変わったエピソードがありますのでご紹介します。

カマグラゴールドの原点であるバイアグラが開発された経緯とは?

カマグラゴールドはバイアグラを元に作られたED治療薬です。カマグラゴールドとバイアグラは共に、シルデナフィルという有効成分を含んでいます。

バイアグラはもともと、ファイザーという製薬会社が狭心症の薬として開発していた薬でした。狭心症とは、心臓の筋肉(心筋)へ酸素を送る冠動脈という血管が狭くなることによって起こる病気です。

動脈硬化などの原因で細くなった冠動脈が必要な量の血液を送ることができなくなった際に、心筋は酸素不足になります。すると、締め付けられるような胸の痛みが生じます。吐き気や、呼吸困難などを伴うこともあります。
運動した際に起こることもありますし、安静にしている状態であっても、冠動脈の痙攣により血管が細くなり起こる可能性もあります。

そんな狭くなった血管の病気である狭心症を、シルデナフィルの持つ血管拡張作用を利用し治療しようと研究は進められていました。しかし、臨床試験を何度繰り返しても有効性が認められることはありませんでした。

一方で、成人男性を対象にした臨床試験結果において、EDの症状へ好影響を及ぼすことが判明します。その後、抗狭心症薬としてではなく、ED治療薬として改めて開発されることになりました。

ページの先頭へ