カマグラゴールドを解説!

カマグラゴールドのポテンシャルを引き出す正しい飲み方

カマグラゴールドの飲み方のコツ!タイミングは食前の空腹時!

カマグラゴールドは性行為の1時間前の食前、特に空腹時に服用してください。
服用後から30分ほどで効果があらわれはじめます。成分の血中濃度は約1時間後に最も高くなり、効果のピークが訪れます。効果自体は服用してからおおよそ5時間持続します。

カマグラゴールドは食前に飲むことを推奨されていますが、病院で処方、または、ドラックストアなどで購入する多くの内服薬は食後に飲むタイプです。
なぜ、マグラゴールドは食前に飲用するべきなのかを解説します。

カマグラゴールドの有効成分は腸で吸収されます。食事をとった後の腸は、料理に含まれる油分で腸壁に油の膜が張った状態になっています。
カマグラゴールドの有効成分は油分を通過しにくく、そのほとんどが体内に吸収されることなく、便と共に排出されてしまうのです。

カマグラゴールドの効き目がないと感じる方の多くの原因は、食後に服用していることにあります。食前に飲むことで多くのケースは効果を実感できるようになります。

どうしてもタイミングが合わず、食後にカマグラゴールドを飲む場合は、食事の量をなるべく少なく済ませ、油分の少ないメニューを選択し、食事から2時間以上あけて服用することで効果を期待することができます。

空腹時でも腸内に油膜が残っているとカマグラゴールドが効かない可能性があります。

空腹時にカマグラゴールドを飲用しても十分な効果があらわれないことがあります。その際には、直前の食事内容に油物が多くなかったかを確認してください。

中華料理や焼き肉、ラーメンなど油分の多いメニューを食べた場合、メニューにもよりますが、腸内の油膜は6時間~7時間とれないままのことがあります。空腹を感じても、腸内に残っている油膜により、カマグラゴールドの有効成分の吸収が阻害されてしまうケースがあるのです。

カマグラゴールド服用の前後にお酒を飲んでも少量であれば問題はありません。

カマグラゴールドとアルコールの相互作用はないとされており、少量であれば服用の前後に飲酒をしても問題はありません。相互作用とは、食べ合わせや飲み合わせによって、薬の効き目が強くなり過ぎたり、弱くなり過ぎたりすることをいいます。

ですが、相互作用はなくとも、お酒自体が勃起へ影響を及ぼすことは考えられます。アルコールは脳をマヒさせ性中枢を抑制させる効果があります。お酒は少量に抑える、もしくは避けたほうが賢明といえます。

通常は50mg!重度の腎障害のある方・高齢者の方・肝障害のある方は低用量から

カマグラゴールドは50mgの服用が一般的です。
日本では、カマグラゴールドの先発薬であるバイアグラの25mgと50mgの規格を認めています。アメリカやヨーロッパではバイアグラ100mgまでの使用を許可しています。このことは、日本人の体格であれば50mgまでの使用で十分な効果が得られることを示しています。

また、バイアグラは、重度の腎障害のある方や高齢者の方、肝障害のある方は服用後に血中濃度が増加することが確認されているため低用量(25mg)からの服用が推奨されています。
カマグラゴールドを服用する際にも、上記の条件に当てはまる場合はこれに従った方が良いでしょう。

初めてカマグラゴールドを服用される方の中には、どのくらいの量を飲むと、どのくらいの作用、または、副作用があらわれるかわからないため、不安を抱いている方もいらっしゃると思います。
これは個人差があるため試してみるまでわかりません。そのため、推奨されているというわけではありませんが、初めてカマグラゴールドを服用される方は25mgから試してみるのもいいかもしれません。

カマグラゴールドはバイアグラと異なり、25mg錠は存在しませんが、用量の大きい錠剤を購入し、分割し服用する飲み方を頻繁に行っています。

カマグラゴールドを分割することで経済的に使うことも自分の適量で使うこともできます。 

カマグラゴールドを、より経済的使用するために100mgを50mgに半分に割り飲用したり、効き目が強すぎる際に50mgを25mgにカットし飲用する、といった具合に薬を分割し使用することは一般的です。

注意点として、分割した後のコーティングされていない中身の部分は、直接外気に触れることにより劣化が早まってしまうことがあげられます。ラップなどに包み直接外気と接触しないように保管し、早めに使いましょう。

もともと割って飲むことを想定されて作られた薬ではないため、分割後いつまで使用可能かは正確なデータはありませんが、夏場であれば1週間程度、冬場であれば2週間程度がひとつの目安といわれています。

カマグラゴールドは1日1回!次の服用までは24時間はあける!

カマグラゴールドの服用は1日1回までとし、次の服用まで24時間以上の間隔をあけてください。
特に、カマグラゴールドを飲んだ後、効果が得られない場合に時間をあけずに追加して飲むといった使用方法はやめましょう。過剰摂取は急激な血圧の低下などの副作用があらわれる危険性があります。

カマグラゴールドは24時間以上間隔をあければ毎日服用することも可能です。また、毎日飲まなければ効果を発揮しないといった類の薬ではありません。必要な時に飲めば、十分な効果が期待できます。

ページの先頭へ