カマグラゴールドを解説!

カマグラゴールドの偽物を買わないために必要な知識

ED治療薬の偽物の割合はどれくらい?カマグラゴールドに偽物はある?

日本国内でインターネットから発注し手元に届いたED治療薬の35.6%が偽物であったとの調査結果があります。この調査結果は2016年に、日本国内のED治療薬を製造販売している企業4社が協力し、インターネットで取り寄せたED治療薬の偽造品・模造品の割合を調べた時のものです。

ネット上に正規品の流通があることも事実ですが、ED治療薬の購入の際には注意が必要であることがうかがえます。カマグラゴールドにも偽物の存在が確認されており、個人輸入の際には留意すべきです。

上記の調査はバイアグラ、レビトラ、シアリスの3つのED治療薬を対象に行われています。カマグラゴールドは対象に入っておらず、カマグラゴールドの偽物の割合については明言することはできません。
それでも、ED治療薬全体の偽物の割合を知るために役立つデータであることは確かです。参考程度に覚えておきましょう。

カマグラゴールドの偽物を飲んでしまった時の悪影響は?効果はある?

上記のバイアグラ、レビトラ、シアリスの偽造品・模造品の調査では、偽物の成分も調べられました。成分の調査結果としては、

が確認されました。そのため体の反応としては、もしも、偽物を服用した場合でも、少量の有効成分の効果や、薬を飲んだことに対する興奮、または、プラセボ効果の影響で実際に体が効果を感じてしまうことも考えられます。

さらに、考えられる体への影響は、有効成分が多すぎることにより、強力な副作用を引き起こす危険性などがあります。
また、このような偽物は、劣悪な環境で薬を製造していることも考えられますし、正規品にない成分を含むことにより、予期せぬ健康被害を受ける可能性があります。

カマグラゴールドはバイアグラとほぼ同じ成分でできています。そのため、カマグラゴールドの偽物が製造された場合、バイアグラと似た作りになると思われ、もしもカマグラゴールドの偽物を服用してしまった場合にも、似たような悪影響が予想されます。

カマグラゴールドの偽物の見分け方はある?

カマグラゴールドの偽物を見分けることは困難です。パッケージのホログラムがぼやけていたり、錠剤に刻印が無かったりといった偽造品も見受けられますが、一部のものといっていいでしょう。見た目では偽物と見分けるが困難な、酷似した模造品も存在しています。

そのため、カマグラゴールドの正規品と偽物の見分け方を身につけるのではなく、正規品を取り扱うしっかりとしたサイトを選び購入することが重要になります。カマグラゴールドを個人輸入する際に、ほとんどの方は個人輸入代行サイトを利用することと思います。

下記に、個人輸入代行サービスにおいて、信頼できるサイトと信頼できないサイトの特徴をまとめました。

カマグラゴールドの偽物は買わない!信頼できるサイトの見分け方

信頼できるサイトの特徴

会社概要または特商法表記の記載

住所や電話番号、メールアドレス、会社名、会社の代表者の名前などを明記していない場合は怪しいサイトであるといえます。個人で行っている代行サイトもありますが、会社で運営しているサイトの方が、きちんとしたサービスを受けられますので会社概要または特商法表記の有無は確認しましょう。

支払方法を複数用意している

顧客のニーズに答えるべく複数の支払方法を用意するには、コストや手間がかかります。少ない選択肢しか持たないところよりも、クレジットカード決済はもちろん、銀行振り込みやコンビニ決済など、いくつかの選択肢を用意しているサイトの方がしっかりしているサイトといえます。

信頼できないサイトの特徴

薬の値段が安すぎる

大手サイトに流れていきがちな注文を少しでも集めるため、偽物のED治療薬は異常に安値で売られている傾向があります。カマグラゴールドの価格相場は、カマグラゴールド50mgの1錠はおよそ500円~600円程度、カマグラゴールド100mgの1錠のはおよそ550円~650円程度です。

また、カマグラゴールドは個人輸入代行を利用し、まとめ買いの割引の対象となった場合は、1錠あたりの値段を抑えることができます。
サイトにより割引内容が異なるため一概にはいうことができませんが、ひとつの目安としては、カマグラゴールド50mgは1錠100円程度、カマグラゴールド100mgでは1錠150円程度まで値段を押さえることができます。

URLの最初がhttpsではなくhttp

SSLを実装したサイトを選んでください。SSLとは通信を暗号化する仕組みのことです。クレジットカード番号などの個人情報を入力した際にも暗号化されているため、第三者が盗み見ようとしても解読が困難であり、安全性が高い通信方法であるといえます。

SSLを実装しているサイトのURLはhttpsから始まっており、実装していないとURLはhttpから始まっています。
Google ChromeでもSSLを実装していないサイトに接続しようとすると、安全性に欠けるとして一部警告の表示がされます。小遣い稼ぎや副業で個人輸入代行を行っているケースでは、SSLを実装していないこともあるようです。

ページの先頭へ