カマグラゴールドを解説!

カマグラゴールドの効果について解説

カマグラゴールドが持つ効果とは?

カマグラゴールドは勃起不全に効果を発揮する薬です。勃起を収束させる物質(PDE5)を阻害することにより、勃起を促します。

カマグラゴールドはバイアグラを元に製作された薬のため、バイアグラと同一の有効成分であるシルデナフィルを配合しています。カマグラゴールドとバイアグラは、配合される添加物に違いがありますが、同程度の効き目を持っています。

シルデナフィルのEDに対する有効性はバイアグラの臨床試験時に証明されています。
臨床試験は勃起不全を3か月以上有する国内の20歳以上の男性245名を対象に行われました。その臨床試験では、50mgのシルデナフィル錠を飲用したグループの方の72.4%が勃起不全の改善を感じたと答えています。

人は成分が入っていない薬でも、薬を飲んだという事実だけで効果を感じてしまうことがあります。これをプラセボ効果と呼びますが、バイアグラの臨床試験でもプラセボ効果についての検証が行われています。

有効成分を含まない薬を飲用したグループで改善を感じた方は15.0%でした。有効成分を含んだ薬の勃起不全改善率が72.4%と大きく上回っており、このことから、カマグラゴールドやバイアグラの有効成分であるシルデナフィルには高い勃起不全改善の作用があるといえます。

カマグラゴールドが効きはじめる時間や効果の持続時間は?

服用から約30分で効きはじめます。

カマグラゴールドは服用から30分ほどで効果があらわれはじめます。その後、服用から1時間ほどで血液中の薬物の濃度がピークをむかえ、薬の効果が最も強くあらわれます。

また、効きはじめるまでの時間は体調や腸に残る食べ物などにより多少前後する可能性があります。

効果の持続時間は服用から5時間程度です。

カマグラゴールドの効果は服用した30分後~5時間ほどの間持続します。作用時間中の効果の強さは一定というわけではありません。血中濃度が約1時間でピークをむかえた後は、成分は肝臓で代謝されたり、尿から排出され、徐々に血中濃度が薄まっていきます。

約3時間半後には薬の成分はピーク時と比べると半分ほどにまで減少しますが、5時間の間は充分に勃起を促すだけの血中濃度を維持します。

カマグラゴールドは服用量の違いで効果に差が出る?

カマグラゴールド100mg錠をそのまま服用した場合と、100mg錠を分割し50mgにして服用した場合の効果の違いは、ほとんどないことが予想されます。

上記でも紹介したカマグラゴールドの先発薬であるバイアグラの臨床試験時のデータになりますが、シルデナフィル錠50mgを服用した方の72.4%、100mgを服用した方の72.3%がEDの症状が改善したと回答しています。

この臨床試験のデータからもわかるように、50mg以上シルデナフィルを摂取したとしても、少なくとも日本人には勃起不全改善の作用に変化はありません。

シルデナフィルは50mg以上摂取しても効果が変わらないという効率の面、日本で承認されているシルデナフィルの規格は50mgと25mgだけであるという安全性の面、さらに、費用対効果の面から見て、用量に関しては、100mg錠のまま飲用するのではなく、分割し50mgを服用することをおすすめします。

また、バイアグラの臨床試験ではシルデナフィル25mg錠の服用時も勃起不全改善率を検証しています。25mgの勃起不全改善率は58.3%で、他の50mg錠、100mg錠と比べると作用が劣っていることがわかります。

しかし、カマグラゴールドやバイアグラをはじめとしたシルデナフィルの適した用量はひとりひとり異なります。重度の腎障害の方や高齢者の方、または、肝障害の方など薬物代謝機能が低下している方は低用量(25mg)から飲用を開始することが推奨されています。

代謝機能が低下している方は体に吸収される成分量が多くなるため、カマグラゴールドを低用量に分割してから使用しても十分な薬効を得る可能性があります。
カマグラゴールドは通常、50mgの服用が推奨されていますが、人それぞれの適量は異なるということを押さえておきましょう。

カマグラゴールドの効果で一晩に行える性行為の回数が増える?

カマグラゴールドを服用することによって、勃起しやすい体の環境は整っていますので、射精後に性的興奮を感じることができれば、一晩に行う性行為の回数を増やすことが可能です。

注意点としては、カマグラゴールド自体には性的興奮を増強させる成分は含まれていないということです。しかし、勃起のきっかけである性的興奮さえあれば、射精直後でも勃起を復活させることができます。

ページの先頭へ